松井証券でPTS(夜間取引)はできる?PTSの概要や特徴について

株式取引というのは日中に行われています。平日の終了する時間が15:00となっていますので、一般的な会社員の方は仕事の最中などに株の取引を行わなくてはならないということになり、これはあまり現実的とはいえないですよね。そこで注目を集めているのが【PTS(夜間取引)】と呼ばれるものです。こちらは株式取引が終了した時間でも取引を行うことができる、という各証券会社が提供しているサービスになります。

 

大手・老舗のネット証券会社である松井証券ですが、松井証券もまたPTS(夜間取引)である【夜市(よいち)】というサービスを提供していました。どうして過去形なのかというと、2007年11月30日をもって夜市のサービスは終了しているからです。

 

松井証券の夜市では株価の動向を見極めつつ、当日の終値よりも低い価格で購入することができる、という普段は日中仕事をしているサラリーマンの方でも利用しやすいサービスの内容となっていたのですが、残念ながら現在は行われていません。ですので、PTS(夜間取引)を利用したい!という方は松井証券以外のPTS(夜間取引)を取り扱っている証券会社を探して利用する必要があるということになります。

 

自動売買ツールなどで解消されている部分も

どうしてPTS(夜間取引)が終了したのかについては松井証券の方しか分からない部分も多いでしょう。しかし大きな要因のひとつとして考えられるのが自動売買ツールが多く普及するようになったというのがポイントだと考えられます。

 

これまではトレーディングツールを使って自分で売買の注文を出さなくてはならなかったのですが、自動売買ツールによってパソコンの前にいなくても取引を行うのが容易になりました。また、スマートフォンなど高性能なモバイル端末からの取引も可能な環境が整っていることも要因だと考えられます。

リーズナブルな国内株式手数料!!

株も、投信もはじめの一歩はこれで決まり!

おもてなしの心を感じる対応に満足度も高い!!

話題のNISA口座も作れる

公式サイトへ

ネット証券最大手ならではの魅力が満載

低コストでNISAをはじめられる

豊富な商品がラインアップ

最強の高機能ツールで快適な取引環境を実現

公式サイトへ

大正7年創業! 老舗ならではの実績

簡単・無料の口座開設

情報収集に優れた便利なツール群

お得なキャンペーンも随時開催!

公式サイトへ

サービス終了をした夜間取引 / 松井証券の評判・口コミナビ関連ページ

FX
米国株の取引は不可
外貨建てMMF
信用取引
米国債の取引は不可
MRFは未対応
プチ株
CFD
eワラント
ETF

このページの先頭へ戻る